スポンサーサイト

  • 2011.12.18 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    『クジラの彼』 有川浩

    • 2007.09.20 Thursday
    • 23:16
    評価:
    有川 浩
    角川書店
    ¥ 1,470
    (2007-02)

    有川浩『クジラの彼』(角川書店) 
     「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。
    人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんな彼とのレンアイには、いつも大きな海が横たわる。恋愛小説作品集。(出版社/著者からの内容紹介)


     あーもう、、、キュンキュンですよ。キュンキュン


     ハイ。ご唱和ください。
     キュンキュン (しつこい(笑))


     男が言う言葉でもないが。
     もーベタ甘すぎて、他に言葉が見つからねぇ(笑)


     この小説は短編集になってて、基本的に、自衛隊に所属する男と、女の子のベタ甘ラブモノなわけだけど、
     表題作「クジラの彼」は『海の底』という小説の番外編
     「ファイターパイロットの君」は『空の中』の番外編だそうで。
     私はまだどっちも読んでないですけど。かねがね読みたいと思ってた気持ちが一層強まったかなー。


     有川ベタ甘小説って、ライトノベルや少女漫画近い雰囲気があるけど、女の子女の子してないトコロがすごく良い。と、個人的に思ってます。
     何ていうかさぁ、、、


     男もすごいかっこいいキャラだし

     女の子がウザくない。


     有川小説、まだそんなに読んでないけど、この2点がとても好印象。
     特に下。
     『図書館』シリーズもそうだけど、女の子が、基本理性的で賢いと思う。もちろん、図書館シリーズでの笠原郁なんか、単純熱血バカなんだけどさー、自分勝手に相手(堂上)を困らせたりすることはない。相手のことをちゃんと考えてるんです。こういうトコはすごい理性的だなって思う。困らせちゃうのは不器用さゆえ。


     でもこの不器用さが、すなわちベタ甘なわけで。

     だから有川浩のベタ甘は、私も好きなベタ甘なんですよね(笑)


     ・・・って何言ってんだか。

     

     私、この短編では「ロールアウト」が好きかなぁ。他のも面白いけど。
     だって、軍用飛行機のトイレを個室にするかどうかでモメる話って、ラブロマとしてどうよ(笑)


     でもこの話、以前から私が気になってた好きなワードが登場しました!


     日和る(ひよる)


     『図書館』シリーズ読んだときから、なぜかこの言葉の使い方好きだったんですよね。


     

     「官の要望が揺らいでいたら戦えない。そう言ったんでしょう、あなたが。」
     (中略)
     「あなたが戦うと言ってるのにこっちが日和れない。あなたが戦ってるんなら輸送機くらい何度でも持ってきます」(P95)


     ここで「傍観できない」とか「ほっとけない」とかいう言葉を使うより、「日和れない」っていうほうが、何か、、、
     何か良いと思わん!?(力説)
     言葉にぬくみを感じるんですよねぇ。色んな意味合いがまざってるというか。かっこいいよね!

     

     ただ、やはり、一つだけ気になることが。


     有川作品の登場人物は、いつも似たり寄ったり。


     まぁ、全部読んだわけでもない私が言っちゃうのも、大変不遜なんだけど、「またこういう系のキャラか」って思うわけです。「あぁ、このキャラ、前読んだ○○と似てるな」って。
     「そういう系」のキャラが有川作品の持ち味というか、魅力でもあるんだけど、有川作品を読んでいくにあたって、特に私に飽きがこないかが、若干心配なところでもあります。


     とまぁ、一点だけケチをつけておきます。


     ベタ甘ラブロマ好きの男だとか、ちょっと思われたくなかったもので!(爆)

    スポンサーサイト

    • 2011.12.18 Sunday
    • 23:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      図書館戦争
      図書館戦争 (JUGEMレビュー »)
      有川 浩
      図書館シリーズの第1巻。
      最終巻(第4巻)『図書館革命』も発売中。

      recommend

      幸福な食卓
      幸福な食卓 (JUGEMレビュー »)
      瀬尾 まいこ
      小林ヨシコの魅力にはまってしまう一冊。

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      映画も好きです。
      多部ちゃんラヴ(笑)

      recommend

      夜は短し歩けよ乙女
      夜は短し歩けよ乙女 (JUGEMレビュー »)
      森見 登美彦
      ラヴ!黒髪の乙女!

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM